ゴルくる太とアメコカあびぃ・ののかとお友達(雪原)

アクセスカウンタ

zoom RSS くる太 9月です

<<   作成日時 : 2016/09/02 17:55   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

晴れ〜最高28度 最低18度

今日の一枚 
画像
           遊ぼうってはしゃぐ時もあります 7/29撮


北海道 今年は台風  が4度も上陸で 
4度目の東北岩手や道内十勝地方他なども
大変な状態になっていて(被害地域のワンちゃん達も大丈夫かな・・・)
川が近かったはーちゃん家も気になって
朝から、ニュースを見ながらドキドキ状態でした。。。(大丈夫でした)
くる太地方は、被害がないのですが
風と雨はかなりの・・・でした 


ふっと考えたら・・・このblog 完璧放置されていますよね 

 みんな元気です〜 
画像
           じゃむも一緒で笑顔のくる太です 8/9撮

8月31日 更新しようとしたら 
全部消えちゃって隅っこの所の○がクルクル  

画像
    後ろ足に力がないくる太の為に厚めのヨガマットでご飯です 8/17撮

くる太もあびぃもののかも、猛暑   でヘロヘロ。。。。。とは云え
大好きな につられて、ちッチ&うんpタイムに出てくれますが
画像
      えーーー、おりんご〜 髪カットする前に結んでみました 8/11撮

くる太の筋肉が落ちるのが怖いので
夕方のお散歩でどうにか歩いて貰っています 
画像
          こんな顔見ていると病気忘れちゃいます 8/9撮


8月はくる太とのこれからを考えていました 

今回(8月)のくる太の血液検査で かなり肝臓の数値が上がってしまい 

画像
     今回はお耳汚れのあびぃとののかと一緒に病院です 8/21撮
画像
       たまにしか病院に行かなののかは大興奮です 8/21撮

7月に検査に行った時に、抗がん剤治療の検査を20日に一度を
1か月に一度にお願いしました・・・かなり先生の抵抗があったのですが。。。
その後でた肝臓の結果が上がっていたのですが。。。
先生も気分を害していたようで
画像
          きゅうりの花で気を落ち着けて 7/29撮

その数値を見てから云った事が、1か月後に。。。
そんなものですね・・・私が1か月後とお願いした時の数値と、検査後の数値で違った時に
本当に考えている先生なら、この数値でも1か月後でいいですか???となるのでは
そして8月も又上がっていましたが、
肝臓の数値が上がっているのは何が原因が考えられるか聞いてみたら
細かく検査しないとわかりませんと・・・
突き放されたような言い方(こちらの受け取り方ですが)に 私も
お互い大人の会話ではありません・・・ね

画像
  ブルーベリーがたくさんスズメバチが食べに来て怖かったです 8/14撮

でも、後で10日に一度検査してくれれば・・・とかいう人もいるとか言われたのですが
私は、前犬ごん太の時もアメコカとぴぃの時も
後で一度も文句を言ってはいません。。。自分で手術をしてくれる先生にアポを取ったり
病院を変えたり・・・と動きました。
そういえば、最後まで信頼できなかったなぁ。。。

くる太はいろいろ助けて貰えて幸せです 
画像
     マッサージに○○田さんに行くよ〜って云うと笑顔になります 8/17撮
画像
   足のつけ根をもんで貰うとナックリングも解消 1時間でもOK 8/17撮

今、くる太の抗がん剤は多発性骨髄腫の脊髄では効いているのか
先日のレントゲンの結果転移がありません。

ただ、肺・肝臓・腎臓の転移も考えられるそうです(整形外科の先生にも聞いてきました)

12歳のくる太のこれからを考えた時に
お医者さんは、麻酔も手術も怖がる必要が無いように言いますが
もしも、肝臓数値を気にして調べて行った時に
薬がきつくなったり・・・手術と提案されたとしたら
今のくる太の笑顔が続くとは限らないと思ってしまいます・・・

前犬ごん太とアメコカとびぃの最期病院で・・・と云うのが
今も心に残っているからです
ごん太の時の、あの信じていた時間が12年経っても消える事はありません。

くる太は気が小さく甘えん坊なので、12歳という年齢で寂しい思いはさせたくないと思っています
病気になってから、ずーっと考えていたのはくる太にとって辛い事はこれ以上しない

今の所、薬で吐いたり食欲不振になったり歩けなくなったりはしていません
薬で体に異変が起こったら、薬も中止しようと思っています
抗がん剤を始めたのは、多発性骨髄腫の背骨の手術をする為ですから
それで具合が悪くなったら、他の抗がん剤に変える事はしないと我が家で決めています。

今も、私の顔をみて笑顔でおやつを催促する食いしん坊くる太です
ナックリングも進んできていますが、足の付け根をマッサージして貰ってまだまだ歩けています

(有)エクランの靴で爪から血を出すことなく歩けています。
そして今は、痩せた足に合わせて作ってくれます、ナックリング対応も
画像
 向かって右側はオーダーでくる太に合わせて、止める所も太く 8/19撮
画像
   ぴったりだと歩くの楽に・・・でも、ずってしまうと破れて補修 8/19撮
エクランでは、オーダーも補修もしてくれます。
いろいろ相談もできるので、足が不安になったら電話してみるのも良いですよ

母と同じ多発性骨髄腫・・・この病気は治るものではありません
大切なくる太なので、くる太がくる太らしく過ごしていけるように
わが家でくる太とあびぃとののかと三頭のまったり時間を生きていければと思います
画像
        そうちゃんとくる太・あんず・もかの可愛い写真です 8/16撮

書きながら、自分の気持ちを確かめてる???私です
その時その時で、また考えられればいいよね。。。

9月が過ぎたら、すぐ ののかちゃんのお誕生日

そして、ハロウィンだよ〜うまうま大好きくる太君
画像
        暑いと遊べないから、早く涼しくなるといいなぁ 7/29撮






    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
かなりお久しぶりです!皆さんお元気そうで
何よりです(^^♪
私の頭痛も予防薬でかなり軽減され、エルの
足も完璧ではないけど良い状態です。
エルの皮膚もエアコンを付けたことと
私が皮膚をあんまり気にしなくなったせいか
膿皮症も良くなりました。
くる太くん、肝臓の数値が上がってしまった
のですね。こっちが良ければ違うほうが悪く
なったり心配はつきませんね。
私もエルが病気になった時にどうするか
決めています。手術して良くなる可能性が
あるならするけど、良くならないなら一秒でも
側にいることを選択します。寂しい思いは
これ以上させたくありません。くる太くんも
みんなと一分でも一秒でも長くいたいと
思ってるはずです。大型犬の10歳からは
神様がくれた時間・・・でしたか?
大事に過ごしてくださいね(*^_^*)
yumiko
2016/09/02 21:57
yumikoさん、お久しぶりです
blog更新がなかったので・・・(自分をさておき(^^ゞ)
でも、yumikoさんもエル君も元気でホッツ〜です
今年も暑さが厳しいので、エアコンがフル回転でしたね〜
雨も多いから、湿度も凄かったし・・・
病院通いのないののかも、耳で病院行きました〜湿度が半端なく高い日が続いたからでしょう
エル君も膿皮症も落ち着いてよかっです

抗がん剤・ステロイドが続いているのですから、身体に良いわけはないのですが
肝臓が悪くなると、かなり疲れやすく少しの距離でも負担があるようです

yumikoさんの所も決めているのですね。。。
手術は成功しても、その後の経過で・・・って・・・やっぱり選択が自分でできないワン
母とはその前に話をしていたけれど、ワンは医者じゃなく私達のエゴかもしれないけれど決めていいと思うんです。

10歳から神様のプレゼントの一年一年一日一日を、笑顔でいられるようにまったりのんびり日が過ぎるように頑張ります
ごんとびくるあびのなぁちゃん
2016/09/03 14:58
お久しぶりです。
やっと夏休みも終わり、孫も通常通りの学校生活が始まったので、ホッとしている私です

くる太くんの元気そうな姿を見れたこと、嬉しいです
うちもそうですが、大切な家族の命と、どう向き合って行くかを考える日が多くなりました。
なぁちゃんさんのくる太くんへの想い、考え方を読んでいて納得できると同時に胸が熱くなりました
言葉をしゃべれないこの子達の気持ちをくみ取ることが出来るのは他の誰でもなく、ずっと寄り添って生活して来た私達家族以外にいません。
バディキーは持病があるけれど、今のところ投薬も治療もせずに普通に過ごせてはいるけれど、今後のことは何もわかりません。
ただ、二人の性格を一番に考えた時、とにかくいつもそばで見守ってるやれる生活を選択したいと決めています

その為にも、真摯に命と向き合って下さる獣医さん選びもすごく大切だと思います。
くる太くん、バディキー、共に12歳!!
先ずは現状維持を保ちながら、一日一日を大切に過ごせればいいですね
バディ&キースママ
2016/09/05 09:19
お久しぶりです〜
夏休み忙しかったみたいですね、でも頑張っているお孫さんだから応援しちゃいますよね

前犬ごん太の時は、病気を治す事治る事だけを考えていました。
だから、お医者さんの言うようにするのが当たり前のような気がしていました。
でも父や母の病気で、先生と話し合う事で病気との向き合い方を変えられることを知りました。。。
今のくる太の先生は、昔は物わかりのいい感じで話をしていたのですが・・・だんだん変わってきた気がします。
でも、このくる太の笑顔を守れるのは私たち家族なんですもの
薬を貰うために病院に行くと、積極的に検査を細かくしないのはくる太を大事にしていないように
云われている気がして、嫌な気がしますが・・・
前犬ごん太が手術の為に奥に連れて行かれた時、ドアの下の窓からじーっと見ていたとお父しゃんから聞いた時
私はとびぃを抱いて先に部屋を出たので、見ていないのに
私の脳裏には、じーっと寂しそうに見ていたごん太の顔が張り付いています。

もしかしたら子どもだったら、話して聞かせて可能な限り治療をするのかもしれません。
でも、やっぱりくる太は言葉を話せない犬なんですよね。。。
命って、長さじゃないっていろいろ命と向き合って思うようになりました。(治せるのなら積極的な治療はします)

バディ君キース君くる太も一緒に、12歳の今日一日一日を笑顔で楽しく生きようね
ごんとびくるあびのなぁちゃん
2016/09/06 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

くる太 9月です ゴルくる太とアメコカあびぃ・ののかとお友達(雪原)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる